1. トップページ
  2. 製品情報
  3. Smart-CARE

Smart-CARE

Smart-CARE

見守り・緊急コールシステムSmart-CARE(スマートケア)は、高齢者の生活をサポートする”多機能コミュニケーションツール”です。緊急のボタンや見守りセンサにより、指定連絡先へ即座に異常を知らせ、マイク・スピーカーを内蔵しハンズフリー通話が可能です。また、無線ペンダントで、家中どこでも通報可能です。

Smart-CARE

製品の基本機能

Smart-CARE 基本性能

緊急ボタン

緊急ボタンは急に身体の具合が悪くなった場合にワンタッチで通報できる機能です。万が一の時、緊急ボタンを押すだけで登録先に自動的に緊急通報ができます。

相談ボタン

相談ボタンは相談したい時や困った時などに気軽にセンタ等に連絡できる機能です。相談センターや親しい方など登録してある連絡先に自動的に接続します。

取消ボタン

電話を切る時は取消ボタンを押します。緊急通報、相談発信などの途中停止もします。

ハンズフリー機能

各ボタン操作により通報後、通報先の相手とハンズフリーにて通話ができます。電話を切った時は自動的に回線を切ります。

製品の特徴

高性能なハンズフリー通話(ダブルトーク対応)

・ハンズフリー通話でありながら、同時双方向通話を実現し、自然な会話が可能です。

・本体から遠くで話した声や小さな声も良く聞き取れ、緊急時の対応がスムーズに行えます。

・高齢者の方が聞き取りやすいようなスピーカー音の設計を行っています。

ひかり電話回線に対応

アナログ電話回線に加え、ひかり電話回線にも対応し、お客様が利用する回線を気にすることなく幅広くご利用いただけます。

構内交換機に収容し、簡易ナースコールとしても利用可能

高齢者向け住宅や介護施設において、構内交換機に収容することで、簡易的なナースコールシステムを構築できます。

利用シーン

Smart-CARE 利用シーン

システム構成例

Smart-CARE システム構成例

仕様

本体

適用回線 ・一般公衆回線(10PPS/20PPS/PB、DPとPBを自動判別)
 極性反転の無い回線、フリーダイヤル等への通報も可能
・ひかり電話回線(ホームゲートウェイ経由)(※)
・PBX内線SLTポート収容(※)
通報方式 音声通報/信号通報
通報宛先 各通報種別ごとに4ヶ所設定可能
通報種別 緊急通報・相談通報・安否通報・機器通報(センサS1~S4)
保守通報
通話方式 通報後ハンズフリー通話が可能、通話中に併設電話機への切替可能
通話切断後の呼び返し待ち機能
有線押ボタン入力 オプションの有線押ボタンを接続
・1ポート(無電圧接点入力・断線検知機能付き)
センサ入力 各種センサを接続 4ポート(無電圧接点入力)
無線センサ収容 無線ペンダントを収容(10台まで)
警報出力 通報時に外部へ警報接点出力が可能
・1ポート(無電圧接点出力)
外部電源出力 DC+12V(停電時も供給可能)
動作環境 周囲温度 0℃~+40℃ 周囲湿度 30%~80%(結露なきこと)
停電対応 充電式専用バッテリにて最大5時間使用可能
入力電源 AC100V±10V (50Hz/60Hz)
寸法 約200(W)×約140(H)×約45(D) mm

(※)適応する回線・機種につきましては、営業窓口までお問い合わせください。

無線ペンダント

使用電波 小電力セキュリティ無線
使用周波数 426.4375MHz
使用範囲 本体から見通し約50m
防水性能 IPx7
動作環境 周囲温度 0℃~+40℃ 周囲湿度 30%~80%(結露なきこと)
電圧 DC3V
電池寿命 約1年
使用電池 コイン型リチウム電池CR2032
重量 約40g(電池含む)
寸法 約42(W)×約60(H)×約17.5(D) mm