PHS連動で素早い対応!サービス付き高齢者住宅への提案

ジャンル
病院・介護福祉向け商品
クライアント
大阪府 某医療センター様
従業員数
約250名(正社員・派遣社員・パートを含む)
業種
サービス付き高齢者住宅
課題
  • 経費削減のため、夜間スタッフ2名体制ができない。
  • 夜間1名体制で巡回や仮眠すると、呼ばれたことに気づけないことがある。
  • 緊急時に備え、スタッフがもち歩く子機からスピーディに119番通報ができるようにしたい。
  • PHSを導入したいが、他施設では子機の水濡れと落下衝撃が原因の修理費が嵩んでいると聞いているので導入に不安がある。

導入の背景

入居者が増えてくると当初のようなサービス提供が行きわたらなくなってきた‥

サービス付き高齢者住宅を運営する業者様をリストアップし、訪問と情報提供を地道に続けてきたところ、運営会社であるお客様よりお困り事を相談頂くようになりました。
「この施設は5階建です。開設当時は施主様がコストを抑えるためナースコールのみを導入され、PHS連動は導入しませんでした。オープンした当時は、入居者が少なかったので利用者へのサービス提供に問題はありませんでしたが、半年過ぎ満室になると、いろいろ問題が出てきました。5階建てだから尚更‥」
 

導入のポイント

競合相手のナースコールメーカーと他通信機メーカーに対し、差別化した提案を!

満室となり、夜間1名体制で5階建ての施設を現状設備での対応するのは限界

↓ ↓ ↓ ↓

PHSまたはハンディナースコール連動を検討へ

第1の競合相手:ナースコールメーカーとの差別化

①PHS導入で外線発信(119番への連絡)に対応!

②汎用のPHSを利用するため、安い価格で修理可能!

第2の競合相手:他通信機メーカーとの差別化

①設備は導入時だけでなく、導入後のメンテナンスが大事なため、信頼できるアフターフォローをアピール

②今後の展開として「電気錠連携」「インターホン連携」のオプションも提案
 

導入前

ナースコール設備のみを利用(PHSの連携なし)

特に夜間は1人体制なので、5階の方に呼ばれている間に、他の方に緊急で呼ばれても気がつかない。 いちいち、スタッフステーションに戻らないとどこで呼ばれているかわからないので1~5階の間の移動が大変な上、対応に時間がかかってしまう。

導入前のイメージ

導入後

LEVANCIOを導入

スタッフは常時、持ち運びができるPHS子機を携帯しているので、移動中でも対応可能。 夜間1人体制の時でも、毎回スタッフステーションに戻らなくても、呼ばれた部屋がわかるので素早い対応に。また、外線への発信もできるため、一刻を争う緊急時では素早い対応が可能になります!

導入後のイメージ

お客様の声

担当者のコメント

お客様が目指される「高齢者に安心安全な生活環境を低コストで提供できるサービス付き高齢者住宅」の実現に向かい、お客様の現状の課題を解決した提案ができました。 今回の運営会社様は一棟だけでなく他既設や新設の施設もあるため、今回採用頂いたことを機に、引き続き迅速丁寧な対応をキーワードに提案をしていきたいと思います!