施設内の各種システムについての問い合わせを1本化!

ジャンル
病院・介護福祉向け商品
クライアント
北海道 特別養護老人ホーム兼ケアハウス様
従業員数
約80名
業種
社会福祉法人
課題
  • システムの老朽化に伴い、ナースコールの誤発報、課金装置の不具合が発生。
  • ナースコールはK社製、ハンディーナースはN社製で、故障が発生した場合、どちらが故障の原因かの切り分けが難しく、その度に対応業者間でたらい回しになっていた。
  • ホーム施設の設備担当様はより快適な施設作りのために、情報通信に関する情報が欲しかったが、提供されていなかった。

導入の背景

システムの更新を機会に、今までの不安な点を解決したい

2~3階は特別養護老人ホーム、4~7階はケアハウスを運営されている規模が大きな総合福祉センター様でシステムの老朽化に伴い、更新の検討がされていました。

既存業者も更新提案をされていましたが、お客様自身もネット等でお調べになられたようで、弊社にも声をかけて頂きました。他社は機能面をアピールする更新提案をされましたが、弊社では、お客様が特にお困りになられていた「機器障害時の不安解消」を中心に提案を行いました。
 

導入のポイント

機器障害時のワンストップな対応で担当者様の不安を解消!安心安全なシステム運用のご提案!

・ナースコール設備、電話設備の問い合わせ先を1本化。

・ナースコール電話機、ハンディナース用電話機、事務用電話機の3つを使い分けしていたが、LEVANCIOでは1台の端末で運用可能!

・通信設備が統一化され、外線、内線、ナースコールが円滑に利用でき、スタッフの業務効率が向上!
 

導入前

"N社製ハンディナースシステム"と"K社製ナースコールシステム"を10年以上使用

ナースコールの誤発報、課金装置の不具合が頻繁に発生。一部保守期限切れになった製品も出始め、保守部品の入手が困難に。
 

導入後

機器障害時、ワンストップな対応で担当者様の不安を解消。安心安全なシステム運用を実現。

電話設備・ナースコール設備が統一され、外線、内線、ナースコールが円滑に利用が可能になり、スタッフの業務効率UP!

利用者の方へも充実したシステムの導入でイメージアップが図れます!
 

導入後の構成イメージ

お客様の声

担当者の声

『問い合わせ先が1本化し、いろいろな問題に対しての情報が共有しやすくなった』との評価を頂きました。今後は、ご担当の方へもいろいろな情報をお持ちして、電話設備以外のネットワークやセキュリティーの提案もしていきたいと思います。