情報通信機器
無線ページングシステム

DIGIX防爆エリア通信システム

 

特長

 
  • 本システムは防爆エリア(爆発危険箇所)で使用が認められた商品です。
  • 構内電話交換機とページング装置を一体型で構築できます。(無線系&有線系、防爆エリア&一般作業エリア)
  • 既設の通信設備との接続も可能です。
  • 防爆型の一般電話機、ハンドセット、基地局は耐圧防爆構造および本質安全防爆構造です。防爆エリア用携帯端末は、本質安全防爆構造です。スピーカは安全増防爆構造です。

 

防爆とは(防爆構造とは)

 

防爆とは、可燃性のガスや可燃性の液体の蒸気、ミストが空気と混合した状態にある場所(爆発危険箇所)で、電機機器の設置や使用に伴う電気火花や高温部が、引火・爆発を起こさないよう適用する技術的手法・構造の事です。

具体的には、「爆発性雰囲気(可燃性ガス・蒸気)と発火源(電気火花・高温部)を隔離する」「発火能力を抑制する」といった方法が考えられます。

 
防爆構造の種類  

岩崎通信機の防爆製品には以下の構造が採用されています。

 
耐圧防爆構造 強固な容器で機器を覆い、内部爆発の火炎や高温ガスを外部に漏らさない構造
安全増防爆構造 故障による発火が起こらないよう、安全性を増強した構造
本質安全防爆構造 発火が起こらないよう、あらかじめ電気火花のエネルギーを抑制した構造
 

防爆安全規格に基づいた製品ラインナップ

 
防爆壁掛形ハンドセット   安全増防爆形スピーカ   防爆基地局   防爆エリア用携帯端末
 

構成例

 
構成例
 
  • 防爆エリアの通信設備として有線系と無線系のページングシステムをワンシステムで構築できます。
    詳細は「有線ページングシステム」(有線系)、「DIGIX」(無線系)をご参照ください。
  • 既設の構内電話交換設備と接続できるので、既設のインフラを生かしたまま、ご希望のエリアに防爆
    エリア通信システムを導入することが可能です。
  • 詳細につきましては、営業担当窓口にお問い合わせください。
お問い合わせ

商品に関するお問い合わせ、導入に関するご相談など、お気軽にご連絡ください。

情報通信機器