印刷関連機器

TOPICS

「Print Doors 2019 第55回光文堂新春機材展」に出展!

○2019年1月23日(水)〜1月24日(木)名古屋市吹上ホールで開催されました

 

【Print Doors 2019】今回のテーマは、「NEXT WAVE 新たな挑戦〜変わらないために変わり続ける〜」

出展企業社数は160社、380小間という中部地区最大級の規模で開催されました。

また総合印刷機材展ならではの情報収集の場として、各社最新鋭機器や資材、ソフト関連が出展され、お客様の新しいビジネスチャンスの拡大やパートナーシップの構築といった何かを得られる展示会という事で全国から多くの来場者をお迎えしました。

 

 

○弊社ブースの様子

 

弊社岩崎通信機ブースでは、「生産性」をテーマに機械を出展し、多くのお客様にお立ち寄りいただきました。特に注目を集めたのは、「フィーダーFF-14」+「両面粘着テープ貼付機フリーテーパー」を組み合わせた展示でした。

封筒の糊付け部分に両面テープを貼る事ができるフリーテーパーに、封筒を自動で給紙するフィーダーFF-14を組み合わせる事により、手差しの約2倍以上の生産性を上げられます。今回機械をご覧いただいたお客様は、封筒印刷の仕事をされていて別製封筒の糊付けに関しては外注に出しているとの事。この機械があれば内製化できると非常に関心を示されました。

 

 

●出展機種
・ラベルマイスターEM-250W

色彩を引き立てる白インク対応。デザイン表現を最大限に高める色再現力。

多種のサンプルをご用意して皆様をお迎えしました。特に毎分50mのスピードには非常にご注目をいただきました。

 

・新きりっ子MC-22T Plus

コンパクトボディに堅牢かつ圧倒的生産性と高精度を備えたらプロ仕様。多様なカードサイズ、多彩な用紙色に対応。最大用紙0.4mmハイパワーカッター搭載。
きりっ子ユーザー様に来場いただき、新機能のレーザーポインターをご説明したところ、カットマークが合わせやすいと高評価でした。

・カラーインクジェットプリンターAstrojet S1
最大10mmまで印字可能な厚物プリンター。ハガキからクッション封筒など多様なメディアに印刷。

Astrojet M1の上位機種ということで、性能の違いなどたくさんのご質問を頂戴しました。


・その他出展機種
きりっ子MCX-AR
ELEFAX LP-540e
ポケトーク