ニュースリリース

遠隔残量監視システム「EyeOwl(アイオール)」新発売
 

2019年10月15日

 

 岩崎通信機株式会社(本社:東京都杉並区久我山 代表取締役社長:西戸 徹)は、IoTを活用した遠隔残量監視システム「EyeOwl」のサービスを開始いたします。

 当社では、屋外に置かれた燃料タンクや各種タンク内の残量情報を無線(LPWA:Low Power Wide Area、省電力広域無線技術)を用いて、クラウドへ伝送することにより、離れた場所からの残量確認及びAIを用いたデータ分析を可能とする遠隔残量監視システム「EyeOwl」を新たに開発いたしました。
 今回、IoT技術を用いた遠隔残量監視の要望が急速に高まっている現状にお応えするため、あらゆるフィールドにおける実証・運用試験を重ね、トータルソリューションとして遠隔残量監視システム「EyeOwl」のサービスをご提供いたします。



 現在、燃料油脂業界において深刻な課題は、
    @配送合理化  A顧客ニーズに応じた配送  B人員不足及び高齢化
 などが挙げられます。
 これらの業界課題解決のため、遠隔残量監視システム「EyeOwl」では、タンク残量・堆積量の遠隔監視、補充が必要になったタイミングの通知、配送先タンクのルート案内を提供いたします。これにより遠隔地に点在するタンク内残量が容易に把握可能となり、適切なタイミングで配送が行えます。
 「EyeOwl」は、燃料油脂業界の課題である配送業務の効率化を実現するIoTサービスです。


 

主な特徴
 

 ・遠隔地からの残量監視  :点在している各種タンクの残量・堆積量を離れた場所から確認。
 ・残量変化のトレンド把握 :残量・堆積量の推移をリスト化・グラフ化できるので、トレンド把握も容易。
 ・補充タイミングの通知   :タンクの残量・堆積量を監視して、補充(配送)が必要になるタイミングをSNS等でお知らせ。
 ・配送ルートの支援     :配送先タンクへのルートナビゲーションを行い、効率的な配送をサポート。

 

 

     

発売日
 

 2019年10月15日(火)

     

お問い合わせ先
 

■お客様
岩崎通信機株式会社 ICTビジネス本部 事業推進部 IoTサービス担当

 TEL : 03-5370-5252
 E-mail : eyeowl@iwatsu.co.jp
   

■報道関係者様
岩崎通信機株式会社 経営企画部 広報グル―プ 

 TEL : 03-5370-5112
 E-mail : pr@iwatsu.co.jp