ニュースリリース

株式会社JVCケンウッドとの協業により
エッジAIカメラとメーター自動読取ソフトウェアの連携ソリューション展開を開始
 

2020年9月29日

 

 岩崎通信機株式会社(本社:東京都杉並区 代表取締役社長:西戸 徹)は、株式会社JVCケンウッド(以下、JVCケンウッドという)との協業により、当社が有償PoC(実証実験)提供中であるメーター自動読取ソフトウェア「計器読む像」とJVCケンウッド社が販売する「エッジAIカメラ」を連携させたFA(ファクトリー・オートメーション)向けソリューション展開を開始することをお知らせいたします。

 

【エッジAIカメラとは】
 サーバーやクラウド側で映像・画像のAI処理を行う従来型のカメラと異なり、エッジ(カメラ内部)でAI処理を行うカメラのこと。処理結果のみをサーバーやクラウドへ送信するため、処理スピードの向上と情報漏洩リスクの低減が期待できます。

 

「計器読む像」とエッジAIカメラとの連携展開について

 工場やプラントの設備の保守点検においては、作業者が巡回しながら複数のメーターを目視で確認し、手書きで記録しているケースが多く、手間が掛かり人為的なミスが発生しやすいことが課題となっています。また、COVID-19の感染拡大や豪雨・台風などの災害により、現場に作業者が駆け付けることが困難な状況も発生しています。さらに超高齢社会に伴う人員不足も問題となっています。

 こうした状況を背景に、作業者に代わってメーター値の自動記録を可能とするソフトウェアである「計器読む像」をエッジAIカメラと連携して提供することで、保守点検の現場の課題を解決してまいります。

 

「計器読む像」搭載エッジAIカメラの概要

 オープンソースハードウェア(OSH)であるRaspberry Pi(ラズベリーパイ)を活用したエッジAIカメラに「計器読む像」を搭載し、カメラで撮影したアナログ・デジタルメーターの画像を数値化し、サーバーへ送信できます。BIツールなどで可視化するほか、設定した値を超えた際には警告灯の点灯やメールで管理者へ通知する等の機能を追加することも可能。少額の投資で、工場やプラント内の狭い場所にも設置でき、生産ラインを止めることなく後付けで設置が可能です。

Raspberry Piとは、ARMプロセッサを搭載した小型のシングルボードコンピュータのことです。

 

 当社は今後、FAシステムを提供するシステムインテグレーター等と連携することで、少額の投資で容易に保守点検の自動化や遠隔化を可能とし、ミス軽減や点検頻度の向上、さらには蓄積データによる設備トラブルの予兆診断等の実現により、工場・プラントのBCP(事業継続計画)対策にも貢献するソリューションとして展開してまいります。

 

 

メーター自動読取ソフトウェア「計器読む像」とは

 当社が、自社工場の課題(複数メーターの目視確認)を解決することをヒントに開発したソフトウェアの一つです。
 「計器読む像」を搭載したPCで各種カメラのメーター画像を読み取ることにより、作業者に代わってメーター値を自動記録することが可能となります。

 

※イメージ図

 

【読取可能メーター例】

 

【製品ページ】
https://www.iwatsu.co.jp/product/meterreading/

 

 

JVCケンウッドの概要
 

社名

株式会社JVCケンウッド

所在地

〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地

代表者

代表取締役会長 辻 孝夫
代表取締役 社長執行役員 最高経営責任者(CEO)江口 祥一郎

設立

2008年10月1日

事業内容

オートモーティブ分野、パブリックサービス分野、メディアサービス分野の事業等を営むこと、ならびにこれに相当する事業を営む会社の株式または持分を保有することによる当該会社の事業活動の管理

 

お問い合わせ先
 

■お客様
営業本部 セールスインキュベーション部 

TEL 03-5370-5288
E-mail:sales_incubation@iwatsu.co.jp

■報道関係者
経営企画部 広報グループ
TEL:03-5370-5112

E-mail:pr@iwatsu.co.jp