情報通信機器
ビジネスソリューション
  • トップ
  • 当社の強み
  • 商品情報
  • 導入事例

緊急地震速報対応ビジネスホンで、迅速に避難誘導

クライアント
東京都 私立幼稚園 様
従業員数
職員5名 園児約30名
業種
教育・学習支援業

課題
  • 大地震発生時に園児の安全を守る体制を強化したい
  • 放送設備導入はコストが掛かり過ぎて踏み切れない
解決
  • 緊急地震速報装置とビジネスホンの連動で、速報を通知する仕組みをご提案
導入の背景

大地震が発生した場合、迅速に園児を避難場所に誘導したい
放送設備の導入はコストが掛かり過ぎて踏み切れない

お客様の幼稚園では、東日本大震災以降、地震対策に強く関心をお持ちでした。もし大地震が発生した場合には、迅速に園児を避難場所に誘導できるようにしたいと考えられており、緊急地震速報装置の導入も検討されていました。しかし、立派な放送設備の導入が必要と考えられており、導入コストの面で踏み切れずにいた様子です。

展示会で紹介していた、弊社のビジネスホン「LEVANCIO-S」と緊急地震速報装置の連動による通報システムでは、大掛かりな放送設備を導入せずとも、電話機から音声と光で通知が出来るという点に関心を持って頂きました。

緊急地震速報とは

地震はP波(初期微動)と呼ばれる小さな揺れのあと、S波(主要動)と呼ばれる大きな揺れが来ます。緊急地震速報は、気象庁が全国約1,000ヶ所に設置している地震計でこのP波をとらえ、地震規模や震源地を予測し、大きな揺れであるS波が到着する前に発表するものです。

導入のポイント

音声+光 両方で「緊急地震速報」を電話機からお知らせします!
別途スピーカーは必要ありません

ビジネスホン「LEVANCIO-S」と緊急地震速報装置の組み合わせだけで、緊急時の通知/放送を実現します。

  • 専用の放送設備をつけることなく、指定の電話機のスピーカーから音声での通知、電話機の着信ランプの点滅、バックライトの点灯で、目でも耳でも異常が確認できる。
  • 緊急地震速報の事前情報から迅速に避難場所へ園児を誘導できる。
  • 老朽化していた同一敷地内にある園長先生の自宅電話機も置き換えることができる。幼稚園にいてもご自宅にいても、地震速報に気付くことができる。

大掛かりな設備構築が不要である点、園長先生の自宅でも速報が通知される点、職員がコードレス電話機で通話できる点、など複数の導入メリットがポイントとなりました。

導入の効果

緊急地震速報を電話機からお知らせし、迅速な避難場所への誘導で
園児の安全を守ります

提案を採用いただき、幼稚園と園長先生のご自宅に電話設備と緊急地震速報装置の設置を実施しました。地震発生時に素早く避難誘導でき、二次災害を未然に防ぐことに役立ちます。

また、職員がコードレス電話機を持ち歩けて、園内どこからでも通話できるようになった点もメリットを感じられているようです。

導入後の構成イメージ

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせ、導入に関するご相談など、お気軽にご連絡ください。