情報通信機器
ビジネスソリューション
  • トップ
  • 当社の強み
  • 商品情報
  • 導入事例

工場新設 止まらないネットワーク構築

テレコミュニケーション商品

クライアント
神奈川県 某医療用薬品製造メーカー様
従業員数
約280名(対象拠点:工場 200名程度)
業種
医療用薬品製造業

課題
  • 新工場の増設に伴い、「止まらない」工場内ネットワークを構築したい
解決
  • 基幹スイッチを2台のスイッチ構成として冗長化を実現
  • 負荷分散と同時に広帯域化も実現し、通信速度を改善
導入の背景

今や工場内LANは製造ラインの生命線!
生産活動を妨げない「止まらない」工場内ネットワークを構築したい

医薬品の製造現場増設に伴い、製造工程における作業効率向上が重要な課題となっていました。「工場内のネットワーク停止=製造現場での生産活動停止」と考えておられたので、万一の際でもネットワークが止まらない、冗長性のあるシステム構築がキーポイントとなりました。

現在の工場が、継ぎ足しを繰り返されたネットワーク構成となっており、製造効率低下という悪い影響を及ぼしていましたので、広帯域化も併せて実現するネットワーク構築をご提案しました。

既工場における問題点

(1) 機器故障やケーブル劣化により既工場ネットワークが停止してしまうことがある

(2) サーバやPC端末などの段階的な増設で予想以上に負荷がかかり、トラフィック集中時の
  通信速度低下

(3) 製造現場での誤接続によるループ現象がしばしば発生

(4) 無線LAN上で、その都度アクセスポイント増設により[接続が切れる][繋がらない]など
  不安定

(5) 既工場は第2生産拠点として継続させ、新工場と接続し情報共有できるネットワーク構築

お客様と一緒に要求仕様から見直し、新工場のネットワーク構築をゼロベースからスタート!

導入のポイント

基幹スイッチにSBx908を導入し、機器と経路を冗長化
ギガ対応SWと光ケーブル敷設により広帯域化をご提案!

課題解決のために、以下のシステム構築をご提案しました。

お客様へのご提案

  •  基幹スイッチにSBx908を導入して冗長化と負荷分散
    データトラフィック量が最も集中する基幹のセンタースイッチに、アライドテレシス製のSBx908を配置して冗長化。同じ動きをする2台のスイッチを配置するため、負荷分散の機能も果たす。(VCSとリンクアグリケーションという仕組みにより、負荷分散型冗長ネットワーク構築)
  •  接続する各スイッチにギガ対応のGS926Mを配置
    サーバー(約30台)、ルーター(約5台)を接続するサーバールーター収容スイッチ、および、各エリアごとに設置するフロアスイッチに、ギガ対応のGS924Mを配置。ループガード対応機種なので、LANケーブルの誤接続にも対応可。
  •  WEBブラウザで各種設定が可能
    各スイッチを端子盤に収容させるため、管理しやすいようWEBブラウザでの設定を可能とする。
  •  無線LANのAP(アクセスポイント)を適切に設置
    通信エリアを明確にし、干渉しないよう設計および設置する事で広帯域化を実現。
  •  セキュリティ対策強化
    外部からの侵入を防ぐため、PC端末は802.1xで認証し、バーコード端末はMACフィルタで対応。
導入の効果

冗長化と広帯域化を実現!
止まらないネットワークが構築できました

提案を採用いただき、冗長性のある新工場内ネットワークの構築を実現しました。

新工場内ネットワーク系統図

導入後の構成イメージ
お客様の声

新工場内ネットワークの導入効果は、既に随所に表れています

各端末で1Gbpsの広帯域を利用できるようになり、薬品や製造ラインに関する各種管理サーバーなどへ快適にアクセスできています。
今後は最も期待値の高い冗長構成の効果を楽しみにしています。

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせ、導入に関するご相談など、お気軽にご連絡ください。