工場新設 止まらないネットワーク構築

ジャンル
テレコミュニケーション商品
クライアント
神奈川県 某医療用薬品製造メーカー様
従業員数
約280名(対象拠点:工場 200名程度)
業種
医療用薬品製造業
課題
新工場の増設に伴い冗長構成かつ広帯域を実現し「止まらない」工場内ネットワークを構築したい

導入の背景

今や工場内LANは製造ラインの生命線!

『工場内のネットワーク停止=製造現場での生産活動が停止してしまう』
現在の工場の性質を踏まえ、冗長化を主体とした広帯域化を実現したいというご要望に対して
「止まらない」工場内ネットワークを構築するには・・・

医薬品の製造現場増設に伴い、製造工程における作業効率向上が重要課題。

そこで新工場内においては、どんなネットワークを構築するか?が本件のキーポイント。
既工場を見ると、継ぎ足しが繰り返されたネットワーク構成のため製造効率低下に影響を及ぼしていた。
 

(既工場における問題点)

(1)機器故障やケーブル劣化により既工場ネットワークが停止してしまうこともある
(2)サーバやPC端末などの段階的な増設で予想以上に負荷がかかり、トラフィック集中時の通信速度低下
(3)製造現場での誤接続によるループ現象がしばしば発生
(4)無線LAN上で、その都度アクセスポイント増設により「接続が切れる」「繋がらない」など不安定
(5)既工場は第2生産拠点として継続するため、新工場と接続し情報共有できるネットワークを構築
                    ↓
お客様と一緒に要求仕様から見直し、新工場におけるネットワーク構築をゼロベースから計画をスタート!
 

導入のポイント

基幹スイッチはSBx908で土台を!

基幹スイッチにアライドテレシス製のSBx908を導入し、
VCSとリンクアグリゲーションで機器と経路を冗長化。
さらにギガ対応SWかつCat6と光ケーブル敷設により広帯域化実現をご提案!

お客様へのご提案

・基幹スイッチとなるセンター・スイッチにSBx908を配置し、データトラフィック量が最も集中する基幹スイッチを冗長化。またSBx908は、同じ動きをする2台のスイッチを配置するため、負荷分散の機能を果たします。(VCSとリンクアグリケーションというしくみにより、負荷分散型冗長ネットワーク構築)
・サーバ(約30台)、ルータ(約5台)を接続するサーバルータ収容スイッチにギガ対応のGS924Mを配置。
・各エリアごと設置するフロアスイッチを、同じくギガ対応のGS924Mを配置。
・製造の現場社員の方が、LANケーブルなど誤接続してもいいように、ループガード対応のGS924Mを選定し、また端子盤の中へ収容。
・クリーンルーム内の端子盤へもGS924Mを設置するため、管理しやすいようにWEBブラウザーでの設定が可能。
・無線LANのAP(アクセスポイント)は、通信エリアを明確にし、干渉しないよう設計および設置。
・またセキュリティー対策に、外部からの侵入を防ぐためPC端末は802.1xで認証しバーコード端末はMACフィルタで対応。
・既工場と新工場の接続にはL3ではなくL2サービス(通信キャリア提供のサービス)を活用。
 

導入後

新工場内ネットワーク系統図

導入後の構成イメージ

お客様の声

お客様の声

新工場内ネットワークの導入効果は、既に随所に表れています。
各端末で1Gbpsの広帯域を利用できるようになり、薬品に関する各種また製造ラインに関する各種管理サーバーなどへ快適にアクセスできています。今後は最も期待値の高い冗長構成の効果を楽しみにしています。