入退室管理導入でプライバシーマーク監査対策強化

ジャンル
セキュリティ商品
クライアント
東京都 某レンタル倉庫会社様
従業員数
約30名
業種
倉庫業
課題
プライバシーマークを取得しているため、部外からの入室者の管理とお客様の個人情報の管理が必要となってきている。定期監査で手書きの入室記録の指摘を受けた。

導入の背景

取引の継続条件はプライバシーマークの取得

「Pマークをとってから、もう大変で‥ 何とかならないかな」‥と、従来からのお客様からの相談が入りました。某倉庫会社様では、大手通販会社から商品を預かって発送業務を行ったり、大手メーカーから懸賞品の発送委託を請負っていたりするため、個人情報の取り扱いには非常に気を使っておられました。
最近はPマークの取得が大手企業との取引の継続条件となっていました。

Pマークを取得すると定期監査が実施され、現在の手書きの入室記録では今後の監査で合格できないことにお困りでした。


導入のポイント

カメラ録画により入室者の画像とログを照合。
「なりすまし入室完全防止」、「出入管理の強化」を実現できます!

出入口にカメラを設置し、入室者を録画。従来の手書き管理の時には対応できなかった成りすまし入室を徹底監視。更に各出入り口に設置したカメラとセンサーを組み合わせることにより、部外からの入室者を逃さずチェックできます。お客様の個人情報管理は強化され、Pマーク定期監査対応も万全です。

入退室管理システムとネットワークカメラ録画システムの導入で入室管理強化

設置状況のイメージ

お客様の声

お客様の声

プライバシーマークの監査において指摘されていた入室者の管理不足の指摘が解消され、次回更新時の不安を解消できました。