グループホーム様にPHS連動を! "セーフティケアシステム"

ジャンル
病院・介護福祉向け商品
クライアント
東京都 某グループホーム&小規模多機能型居宅介護施設様
従業員数
約20名 (法人全体は1,000名)
業種
社会福祉法人
課題
グループホームという事もあり、当初は簡易的なナースコールだけの予定で、PHS連動までは組み込んでいなかった。しかしグループホームとはいえ、2フロアに分かれており、夜間はスタッフが少ない事から、現場サイドよりPHSの必要性が強く求められていた。

導入の背景

テレアポから新規ユーザーを獲得

日頃から、都内の介護施設を運営する法人のリストを元に、電話によるアプローチや資料送付を行っています。並行して営業訪問をした際に、先方の担当者の方よりナースコールで困っていると相談を受け、今回の商談が始まりました。電話によるアプローチの段階で資料送付先の担当者・部署などの確認をしており、訪問した時は既に担当者の手元に資料が届いている状態であったので「困っている事」も相まってスムーズに商談に入れました。
 

導入のポイント

呼び出しのみの無線型と差別化を図るため、DDPH-NCは「通話ができること」をアピール。

・PHSの必要性が求められているものの「ナースコール」+「PHS連動」では予算オーバーとなってしまったため、呼び出しのみで通話が出来ない無線式の呼出設備(ファミレスのような)に差し替え検討していた。セーフティーケアシステムは予算内で収まり(そうで)、かつ「通話ができる」一体型のシステムという点をPRしました。

・グループホームの1階、2階(各9人)、小規模施設(5人)の各スタッフステーションには「多機能電話機」+「DSS」を設置し利用者からの呼び出しを「目で」「耳で」確認できるようにし、忙しいスタッフの方が使い易い提案をしました。

・夜間はスタッフが少人数になるため、居室からの呼び出しも1階のステーションとスタッフのPHSに集約し、夜間うるさくならないように各ステーションは音が鳴らないように切り替える提案をしました。

・提案した内容がビジネスホンの機能を駆使した内容であるため、コスト的にも本格的なナースコールよりも安価での導入が実現でき、アピールしました。
入居されている方は何かあれば各室から押しボタンを押し、スタッフステーションまたはスタッフのPHSとお話ができます。スタッフは各ステーションに置かれているDSSで呼ばれたお部屋の番号を目で確認でき、また移動中のスタッフは手持ちのPHSで着信を受けることができます。
 

導入後の構成イメージ

設置後の様子

お客様の声

担当者のコメント

東京都では今回のようにグループホームと小規模多機能型居宅介護施設の併設スタイルでの介護施設の創設が増えています。その名の通り、少人数(多くて30人程度)なので、岩通セーフティケアシステムのコンセプトにピッタリです。

また、このような施設は全体的に低コストの為、着工から竣工までの期間が短く、商談から成約、工事までが短時間で進みます。今回も建築が始まっていたところに、提案をさせて頂きましたが、いざ建築が始 まったあとで現場からの声や不具合なことが出てくれば、途中からでも入りこみもできるようです。

また、すでに開業し運営されているグループホームでも簡易的なナースコールしか設置していない施設も多く、PHSを導入していない為に、スタッフが困っていると聞きますので今後はここを攻めていきたいと思います。

東京都内では2013年度に創設された特別養護老人ホームは20程度、それに対しグループホームは46と倍以上です。規模は小さいものの、比較的短期勝負ができますのでグループホームが狙い目ではと思います。