情報通信機器

スプリアス規格改正に伴う無線設備の更新について

スプリアス規格の改正について

無線機器から発射される不必要な電波(不要電波)をできる限り低減させることで、電波利用環境の維持/向上および電波利用の推進を図るため、無線設備から発射されるスプリアス強度の許容値にかかわる技術基準等の省令および告示が改正されました。

平成17年(2005年)12月1日から新たな許容値(新スプリアス規格)が適用されております。

■スプリアスとは

無線設備から発射される電波のうち、本来必要とされる所定の周波数を外れた不必要な電波のこと。本改正では、従来のスプリアス発射以外に、ノイズなどの帯域外発射も含めた不要発射全体の許容値が規定されています。

不要発射の概念図

新スプリアス規格における不要発射領域(総務省資料より抜粋)

規格の改正ロードマップについて

弊社製品が対象となる「技術基準適合証明・工事設計認証」に関する当初の改正ロードマップでは、新スプリアス規格に対応していない製品は、令和4年(2022年)11月30日までに使用を停止する必要がありました。

しかし、新型コロナウィルス感染症による社会経済への影響等により、無線設備の製造や移行作業に遅れが生じていることを考慮し、無線設備規則の一部を改正する省令(平成17年総務省省令117号)の附則第3条の一部が改正され、その使用期限を「当分の間」延長する ことが決定しました。

※令和3年8月決定。他の無線局の運用に妨害を与えない場合に限る、との条件つき

スプリアス規格改正ロードマップ

弊社製品への影響

弊社製品も、無線基地局などの一部が旧スプリアス規格適合品となります。

現在、お客様がお使いの旧規格適合の製品は、他の無線局の運用を妨げない場合に限り、令和4年(2022年)12月1日以降も「当分の間」使用可能となりましたが、社会経済状況を鑑みて移行期限を一時的に延長したものに過ぎません。

新スプリアス規格への適合が必要な状況に変わりはありませんので、
適合品への更新(入れ替え)がお済みでない場合には、 お早めに更新検討を
お願いいたします。

該当機種などの詳細は、下記の「フォームでお問い合わせ」よりお問い合わせください。

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせ、導入に関するご相談など、お気軽にご連絡ください。